平常時の備えから災害後復旧支援までできる福岡市LINE公式アカウントの防災関連機能をまとめた「防災ハンドブック」の配布を開始

防災情報登録者は12万人超、ハンドブックの配布でさらに市民の防災活動を促す

LINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴)は、福岡市と共働してサービスを提供している福岡市LINE公式アカウントに搭載した防災関連の機能について周知し、利活用を促進するため、平常時、災害時、復旧時の時系列で活用法をまとめた「福岡市LINE公式アカウント 防災ハンドブック」を制作し、福岡市民に向け配布を開始したことをお知らせいたします。

■福岡市LINE公式アカウント 防災ハンドブック
このたび配布を開始した「福岡市LINE公式アカウント 防災ハンドブック」では、時系列の状況や避難行動を「いますぐ」「日頃から」「災害発生時」「災害の後」のイラストでまとめ、そのシーンごとに福岡市LINE公式アカウントでできることや操作手順を誌面に配置することで、福岡市LINE公式アカウントを使った防災活動をイメージしやすくしています。
紙媒体のハンドブックとすることで、機能の操作や、福岡市LINE公式アカウントの友だち追加、防災情報受信のための事前設定などについて、実際にスマートフォンを操作しながらマニュアルのように使っていただけるほか、最寄りの避難所やその場所の浸水リスクなどの災害が起きる前に知っておきたい情報について、福岡市LINE公式アカウントで調べて書き込めるスペースも設け、平常時からの利用につなげます。
一家に一冊常備し、家族で一緒に災害時の行動を考えるきっかけにしていただくことを目指して、第一弾として、2020年12月10日より、福岡市内の小学校・特別支援学校小学部の全児童への配布を開始しています。今後は、このハンドブックを通して、オンラインだけでは情報を届けにくい皆さまにも福岡市LINE公式アカウントを使った防災について知らせ、実際に活用していただけるように取り組んでまいります。
LINE Fukuokaの公式サイトでの閲覧も可能です。 https://lin.ee/bL9QCDw/prmt/bousai/hb

■福岡市LINE公式アカウントの防災関連機能

福岡市LINE公式アカウントは、生活エリアを指定しての防災情報受信、チャットボットによる避難行動支援、まちの不具合を市民がLINEを使って通報する道路・公園等通報など、平常時、災害時、復旧時の市民の行動をサポートする機能を備えており、防災情報の受信については、2020年12月時点で12万人以上に登録いただいています。

2020年9月には福岡市と共働で、福岡市LINE公式アカウントの避難行動支援機能を活用したオンライン避難訓練「とつぜんはじまる避難訓練」(実施レポート https://linefukuoka.co.jp/ja/pr/news/2020/092310)を実施。参加登録者数は14,857人、災害時のデモ体験数は8,619回におよび、体験後のアンケートでは93.8%の方に「防災意識が向上した」と回答いただきました。2020年12月には博多まちづくり推進協議会・We Love 天神協議会が、福岡市LINE公式アカウントとこの訓練の仕組みを用いた会員向けの避難訓練を共同で実施しており、福岡市LINE公式アカウントを活用した防災意識向上や、災害への備えの動きが活発化しています。

福岡市LINE公式アカウントの防災関連機能には、サービスの開始以降、全国から多くのお問い合わせを頂いていることから、全国の自治体でも簡便に導入していただけるよう、仕組み化を進めております。
2020年12月15日にLINE Fukuokaが開催する「LINE SMART CITY DAY FUKUOKA 2020」にて発表予定です。

▼LINE SMART CITY DAY FUKUOKA 2020 開催のご案内
https://linefukuoka.co.jp/ja/pr/news/2020/120815

LINE Fukuokaはこれからも、LINEの先端技術やノウハウを活かしながら、自治体、府省庁など関係機関との連携をすすめ、防災・減災体制の強化に取り組んでまいります。また、福岡市のSmart City化を推進することで、 「“WOW”=“ライフスタイルイノベーション”によって、24時間365日ユーザーの生活すべてをサポートするライフインフラを目指す」というビジョン「Life on LINE」を実現してまいります。

<福岡市LINE公式アカウント 防災ハンドブック 概要>

仕様  : A5サイズ フルカラー8ページ
デザイン: 株式会社バズフック  https://www.buzzhook.co.jp/
※避難行動についての各種情報は、福岡市LINE公式アカウントと福岡市ホームページの「防災情報」の内容に基づいて制作しています。

LINE Fukuokaの公式サイト からPDFでも閲覧いただけます https://lin.ee/bL9QCDw/prmt/bousai/hb

▼イラスト 世戸ヒロアキ氏
1990年福岡県生まれ。『POPEYE』『ゼクシィ』等雑誌、商業施設などのキービジュアルのほか、広告、店舗壁画、ライブペイント、ポートレートイベントも人気を博し、活動の幅を広げている。ファミリーマート、メルセデス・ベンツ等の企業キャンペーンのほか、福岡ソフトバンクホークス、We Love天神協議会、MUSIC ACTION FUKUOKA など、地元福岡での仕事も多数。http://www.visiontrack.jp/hiroaki_seto/

<ご参考 福岡市LINE公式アカウント概要>
福岡市LINE公式アカウント(LINE ID:@fukuokacity)は、LINEと福岡市の間で締結した「情報発信強化に関する連携協定」に基づいて2017年4月25日開設、あらかじめ受け取りたい情報種別や居住エリアなどを設定しておくことで、自分に必要な情報だけを選んで受け取ることができるアカウントとしてスタートしました。現在は、さらにチャットボットや位置情報の送信機能を採用し、防災、行政手続き、子育て、給食の献立、ごみの分別などについての情報収集を助けるサービスを提供しており、友だち登録者は174万人となっています(2020年12月10日現在)。
LINE ID:@fukuokacity
友だち追加リンク:https://lin.ee/mMJQICN/prmt/riri/fcoa

<会社概要>
【LINE Fukuoka株式会社】
社名    :LINE Fukuoka株式会社
本社所在地 :福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル12F
代表者   :代表取締役社長 落合 紀貴
資本金   :490百万円 (2018年1月時点)
設立日   :2013年11月18日
主な事業内容:LINEおよび関連サービスの開発・クリエイティブ・運営・事業企画など
コーポレートサイト:https://linefukuoka.co.jp/ja/