成長とチャレンジ

LINE Fukuokaには、様々な職種が存在し事業ごとにフェーズも異なります。そして、そこに集まる社員は多様なバックグラウンドを持っています。
多面的な評価による適切なフィードバックや学びの機会提供、自ら考え発信できる風土づくりなど、社員の「成長とチャレンジ」につながる取り組みを行っています。


多面的な評価制度

評価プロセスはシンプルにし、成果や役割変更にスピード感を持って対応できるようにしています。半期に一度行う評価では、成果視点の「P-review」をはじめ、「C-review」では、上司から部下、部下から上司、一緒に仕事をした同僚など、多面的な評価を行い伸ばす点と改善すべき点をフィードバックし成長を支援します。

Performance Review(パフォーマンス評価) / Co-work Review(360度評価)

成長を支援する機会提供

成長を支援する機会提供

多様な経験を持つ社員が集まっている特長から、様々な勉強会が社員から自発的に生まれ、時流やトレンドを掴んでいます。また、入社直後のビジネス基礎研修や充実したOJT、マネジメント基礎研修から語学研修など、一人ひとりの成長につながる学びの機会を提供しています。

組織フェーズや目的に合わせた教育・研修 / ワークショップ / 勉強会

新たな価値創出と発見

新たな価値創出と発見

社内には、「新しい価値の創造機会」が溢れています。「価値ある仕事の事例」は、部署の垣根を超えてそれぞれが仕事に活かせるよう、全社集会での表彰発表や、社内カフェスペースを活用した事例共有会などを通し共有しています。また、開発部署においては、ポジティブな姿勢やチームの雰囲気をよくしてくれるメンバーを「働く姿勢のロールモデル」として表彰しています。

Value Award / LINE Developer Award

戦略の浸透とオーナーシップ

戦略の浸透とオーナーシップ

半期ごとに行われる全社集会や、事業部ごとに実施しているラウンドテーブルでは、LINEグループ全体の経営戦略・ビジョンやミッションを共有しています。
社員一人ひとりがオーナーシップをもって業務を遂行していけるような環境づくりに努めています。

Town Hall Meeting(全社集会)/ Round Table、1 on 1

誰でも考えを発信できる風土

誰でも考えを発信できる風土

日々感じたことや意見をチームメンバー・上司などへ共有する機会が多々あります。
それらは、社内カフェやリフレッシュスペースなどでも頻繁に行われており、課題に関して迅速に対応していく風通しの良い風土です。また、半期に一度、社員満足度調査も行っており、様々なツールを通して、働く社員にとって、より良い環境づくりに努めています。

Casual ミーティング / 社員満足度調査( LINE Speak Out)

グローバルに繋がる

グローバルに繋がる

グローバルに展開するLINEの各拠点とのテレビミーティングが頻繁に行われています。業務中は、ビジネスコミュニケーションツール 「LINE WORKS」を利用し、国内・海外問わずスムーズなコミュニケーションが可能です。

テレビ会議システム / ビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」