福岡市と「文化施設の観覧券の電子化・オンライン決済」の実証実験開始 LINE上で電子チケットの購入・発券・混雑情報の確認が可能になり、 非接触の施設利用をサポート

福岡市科学館や美術館などへの「3密回避のおでかけ」を目指す

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)、子会社で「LINE」プラットフォームを活用した電子チケットサービスを展開するLINE TICKET株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:舛田 淳)、同じく福岡を拠点とする子会社のLINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴)は、「福岡市実証実験フルサポート事業」(*)の一環として、文化施設の観覧券の電子化及びオンライン決済の実証実験を本日より開始いたしますので、お知らせいたします。

本実証実験では、これまで紙チケットだった福岡市文化施設の常設展観覧券を電子化し、新設したLINE公式アカウント「FUKUOKA GUIDE」(LINE ID:@fukuokacity_guide)上で、文化施設の電子チケットの購入・発券および館内の混雑状況の確認が可能になります。これにより最小限の対人接触で文化施設をご利用いただけるようになります。

当アカウントのサービス対象施設は以下の通りです。
福岡市科学館/福岡市美術館/福岡アジア美術館/福岡市博物館/「博多町家」ふるさと館

■「FUKUOKA GUIDE」で文化施設の利用が安心・便利に

・文化施設の観覧券を電子化。LINE上で購入・発券が可能に
電子チケットサービス「LINEチケット」を導入し、文化施設の常設展観覧券を電子化。LINE上で常設展の展示内容の確認・電子チケットの事前購入・発券が可能となり、当日の入館までがLINEひとつで完結します。券売窓口に並ぶ必要がなくなり、窓口での購入時に発生する注文のやりとり、現金や観覧券の受け渡し等の対人接触も最小限に抑えられるので、来館客と施設スタッフ双方の感染症予防策として有用です。

・文化施設のリアルタイムの混雑状況をLINE上で確認できる
リアルタイムの空き・混雑情報配信サービスを行う株式会社バカン(本社:東京都千代田区、代表取締役:河野 剛進)と連携し、文化施設の混雑状況を配信。ユーザーは来館前に文化施設の混雑状況をLINE上で確認できるようになります。

・展示情報から周辺グルメまで、おでかけに必要な情報をLINEでご案内
文化施設の展示情報はもちろん、グルメ・おでかけスポットレビューアプリ「LINE CONOMI」と連携することで近くの人気カフェなど周辺グルメ情報もLINEから確認いただけます。Googleマップと連携しているのでスムーズに目的地に到着できます。

LINE公式アカウント名:FUKUOKA GUIDE
ID:@fukuokacity_guide
友だち追加リンク:https://lin.ee/s4ymOTs/prmt/ri/ri

LINEグループは、本件の取り組みを通じ、「新しい生活様式」に則した安心・安全な施設/店舗の運営と利用者の体験をサポートし、コロナ禍における社会課題の解決に貢献することを目指します。

(*)福岡市は、AI・IoT 等の先端技術を社会課題の解決に活用するため「福岡市実証実験フルサポート事業」を実施し、設定したテーマに繋がるプロジェクトを全国から募集しています。 LINEグループは、今回公募された「福岡市の文化施設の観覧券電子化とオンライン決済」に2020年4月に採択を受けました。これに基づき、文化施設の観覧券電子化とオンライン決済および館内の混雑状況の配信機能を実装したLINE公式アカウント「FUKUOKA GUIDE」を開設いたしました。

<ご参考 「新しい生活様式」に関するLINE Fukuokaの取り組み>

■フードコートの注文・決済をLINEで完結できるサービス「木の葉・LINEでオーダー」
LINEでフードコートのメニューを注文・決済できるサービス。ユーザーはレジに並ぶ必要がなく、カウンターでの注文や現金の受け渡しがなくなることで、行列の解消・最小限の対人接触で感染症予防効果が期待できます。木の葉モールのフードコートで利用できます。
https://linefukuoka.co.jp/ja/pr/news/2020/051810

■バス・電車の混雑状況をLINE公式アカウントで発信
「新しい生活様式」に示される「密の回避」や「時差出勤」といった感染拡大予防策の促進を目的に、西日本鉄道が運営するLINE公式アカウントから、公共交通機関の混雑状況を配信するサービスを開始。
https://linefukuoka.co.jp/ja/pr/news/2020/051915

■LINEから銀行各店舗のリアルタイムの混雑状況を配信
福岡銀行LINE公式アカウントで、利用したい店舗の「空いている」「混雑」「特に混雑」の3段階の混雑状況や最新の待ち人数などを調べられるサービス。ユーザーは「混んでいる時間帯の利用を避ける」「混雑していない別の店舗を使う」などの対策を講じやすくなります。
https://linefukuoka.co.jp/ja/pr/news/2020/061110

■LINEで集まらずに参加できるオンラインの避難訓練を実施
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で従来の一箇所に集まる避難訓練の実施が困難な状況を踏まえ、福岡市LINE公式アカウントに実装されている避難方法や避難所、避難経路を確認できるサービスを活用した”集まらないでできる”オンライン避難訓練を福岡市と共同開催。
https://linefukuoka.co.jp/ja/pr/news/2020/082610