全国初、西鉄電車LINE公式アカウントに きっぷの検索-支払い-特典スポットのナビ機能を実装 9月1日から提供開始

LINE Fukuokaと西日本鉄道が連携し、鉄道の利便性向上を目指す

LINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴)、西日本鉄道株式会社 (本社:福岡市博多区、代表取締役社長執行役員:倉富 純男)は、2020年9月1日(火)より西日本鉄道のLINE公式アカウント「【公式】西鉄電車 (ID:@nishitetsu_train) 」にLINE Pay支払い機能を導入し、トークルーム上で乗車券と観光体験がセットになった「お得きっぷ」の支払いが可能になるサービスを開始します。
鉄道会社のLINE公式アカウント上できっぷのLINE Pay支払いが可能になるのは全国初の取り組みです(*1)。
これにより西鉄電車LINE公式アカウントは「お得きっぷ」の検索・支払い・特典スポットの周遊サポートまで、一連で行うことが可能となります。

■西鉄電車x LINEでこれまでにない便利な旅を提供
・「お得きっぷ」の購入が「いつでもどこでも」LINEで可能に
LINE 公式アカウント内で、西鉄電車の乗車券と観光体験がセットになった「お得きっぷ」の情報をご確認いただけます。さらに、これまでオンライン決済ができなかった西鉄電車の「お得きっぷ」がトークルーム上でLINE Pay支払いが可能に。24時間どこにいても、きっぷを購入できます。
※LINE Payによるオンライン支払いは「太宰府・柳川観光きっぷ」「太宰府散策きっぷ」が対象です。
※きっぷ購入後、窓口でチケットの発券が必要です。

・LINEのチャットボットで特典スポットの周遊をサポート
「お得きっぷ」の利用事項や、割引サービスが受けられる特典スポットの情報を、LINE上でチャットボットが案内します(*2)。
特典スポットは太宰府駅周辺などの定番の観光地から少し離れた地域にまで点在しています。チャットボットが表示する特典スポット一覧はGoogle Map・西鉄バスの乗り換えサイト・西鉄タクシー問い合わせ窓口と連携しているので、スムーズに周遊いただけます。

当アカウントは日本語を含めて5ヶ国語(日本語、英語、簡体字、繁体字、韓国語)に対応しており、インバウンド需要が回復した後は、訪日外国人向けの観光ガイドとしての活用促進を想定しています。

周遊の際は感染症対策をしていただくために、9月1日(火)より、LINE公式アカウントから「お得きっぷ」を購入された方には、チケット引き換え時にマスク(*3)の提供も開始します。

西日本鉄道とLINE Fukuokaは協業し、混雑状況の情報配信をはじめ、バス・電車の利用者の利便性を向上する様々な機能をLINE公式アカウントから提供しており、現在では約3万人の方にご利用いただいています。

これからも、西日本鉄道およびLINE Fukuokaの両社の技術や知見を合わせ、市民の皆さまの暮らしをより便利で豊かなものにしていくことを目指してまいります。

■西日本鉄道株式会社との協業実績
・新型コロナウイルス感染症対策で西日本鉄道とLINE Fukuokaが連携し、バス・電車の混雑状況をLINE公式アカウントで発信(https://linefukuoka.co.jp/ja/pr/news/2020/051915

(*1)2020年8月17日時点
(*2)同案内サービスは、2019年11月より提供しております。
(*3)マスクは300枚限定