LINE Fukuoka、「eコミュニケーショングランプリ」選考委員特別賞受賞

在宅勤務下においても「従業員同士の自発的なコミュニケーション」を生み出した点が高評価

LINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴、以下LINE Fukuoka)は、企業のリモートワーク下でのコミュニケーション施策を表彰する「eコミュニケーショングランプリ」で、2021年度選考委員特別賞を受賞いたしましたのでお知らせいたします。

LINE Fukuokaで働く魅力のひとつは、様々なバックグラウンドを持ち、多種多様な仕事に取り組む1000名以上の従業員、すなわち「同じ会社で、共に働く人」です。
在宅勤務導入で出社率は2割になり、会社や従業員との接点減少は、視野の狭まりやエンゲージメント低下を招くことを懸念しました。
そこで、経営層と従業員、従業員と従業員が相互コミュニケーションできることをテーマに、以下の6つの場をオンラインにて設計いたしました。

① 経営層と従業員の交流
・オンラインでも一体感を醸成!経営方針発表会
・経営層と従業員のカジュアルコミュニケーションの場
・他部署のリーダーに出会える従業員公開インタビュー

② 従業員と従業員の交流
・オフィスの雑談に変わる従業員参加型メルマガ
・部署の垣根を超えたオンラインシャッフルランチ
・リーダーの相互理解を促すオンライン全社リーダー会

1000名を超える従業員と従業員、従業員と経営層の「CLOSING THE DISTANCE」(※)の実現と、自発的な次のコミュニケーションが生まれる「コミュニケーションを生むコミュニケーション」を目指しました。
※LINEグループのミッション。人と人、人と情報・サービスとの距離を縮めること。

■「eコミュニケーショングランプリ」審査委員による評価コメント
従業員からのフィードバックを生かしたさまざまな施策で、エンゲージメント向上、従業員同士のコミュニケーション向上の両方を実現している。関係人口が多く、パパママサークルなど、従業員の自発的な活動が生まれているところも非常に良い。

■LINE Fukuokaの施策紹介ページ
https://www.g-soumu.com/ecg/winners.html

■「eコミュニケーショングランプリ」とは
リモートワークの急激な広がりにより、従業員同士のコミュニケーション不足が企業の大きな課題となっています。
リモートワーク下でのコミュニケーションの工夫や知見を共有する場、取り組みを称え合う場を作ることを目的とした「参加型」のグランプリ。

■選考委員特別賞を受賞した、LINE Fukuokaの社内コミュニケーション施策詳細
① 経営層と従業員の交流

② 従業員と従業員の交流

LINE Fukuokaはこれからも、社内コミュニケーション施策に取り組み、在宅勤務下においても部署の垣根を超えて従業員が同期し、共にチャレンジし続ける組織づくりに努めてまいります。

<ご参考>
LINE Fukuokaの、在宅勤務下の社内コミュニケーション活性化の取り組みは、オウンドメディア「LINE Fukuoka Press」におまとめしております。

・部署の垣根を超えた交流を生む、在宅勤務下のコミュニケーションのアイディア
https://linefukuoka.blog.jp/archives/20210819_01_culture_welfare.html?utm_source=external&utm_medium=mail

・在宅勤務におけるチーム力強化の工夫
https://linefukuoka.blog.jp/archives/81806178_culture_welfare.html?utm_source=external&utm_medium=mail

<会社概要>
【LINE Fukuoka会社概要】
社名    :LINE Fukuoka株式会社
本社所在地 :福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル12F
代表者   :代表取締役社長 落合 紀貴
資本金   :490百万円 (2018年1月時点)
設立日   :2013年11月18日
主な事業内容:LINEおよび関連サービスの開発・クリエイティブ・運営・事業企画など
https://linefukuoka.co.jp/ja/