社員インタビュー

運営

LINEのサービス品質を守る砦

新サービスのリリースや機能追加が絶えないLINEにおいて、最高品質のサービスをユーザーに届けるために“最後の砦”としての役割を担うサービステストセンター。Service Test2室における誇りと信念、そして働く魅力について室長の野原 優己に聞きました。

LINEの新しい品質保証(LINE Quality)の形を作る

これまでのキャリアと入社を決めた理由を教えてください

昔からゲームが好きだったので、開発中のゲームをプレイしてバグを発見するデバッガーという職種に惹かれ、ゲーム開発会社からキャリアをスタートしました。その後もゲーム関係の会社に転職し、デバッガーの実務だけではなく、新人教育のカリキュラム作成から一定の品質を保証するための内部基準のチェックまで、幅広い業務を経験しました。
LINE Fukuokaに入社を決めた理由は二つあります。まずは、サービスの知名度の高さです。LINEは、トークアプリ以外にもさまざまなサービスをリリースしています。誰もが知っていて、身近にあるサービスに携われることが、モチベーションの維持につながると思いました。
もう一つの理由は、LINE Fukuokaのチャレンジに寛容な社風です。
実は入社前に派遣社員としてLINE Fukuokaで働いていたのですが、自社でサービスのテストを実施していることもあり、品質を高めるための組織整備等を提案した場合、必要なことと判断されれば、スムーズに認められるという場面を多く経験しました。こうした組織体制と社風はとても魅力的に映り、入社を決めました。

チャレンジに寛容な社風

業務内容について教えてください

LINE FukuokaのService Test2室は、サービスのQC(クオリティコントロール)におけるテスト業務を担っている組織です。新サービスがリリースされる際や、既存サービスの機能をアップデートする際に、開発の最終フェーズで統合テストやシステムテストを担当します。
立ち上げ当初に担っていたのは10プロジェクトもありませんでしたが、事業拡大にともなって大幅に増加し、現在では100プロジェクト以上のテストをおこなっています。テストプロセスのどこを担当するかは、プロジェクトで異なるため、役割ごとに組織を分離したこともありました。
しかし、組織が分かれると独自の文化が生まれ、考え方に違いが出てくる場面もあったことから、「品質を高めるためには文化を含めて一体となっていく必要がある」との考えに基づいて、現在の組織体制になりました。
テスト業務の流れは次のとおりです。企画・開発部署からの新サービスリリースにともなうテスト依頼受けてプロジェクトメンバーをアサインします。次に、サービスの詳細資料を受け取り、サービスの品質を担保するのに必要なテスト内容をまとめた計画書を作成します。
さらに、計画に基づいて各機能における懸念点や、確認のために必要なテストを洗い出し、設計・実装します。
テストの具体的な作業手順をまとめたテストケースを作成し、スケジュールに沿ってテストをおこない、バグがあればレポートにまとめて報告します。バグが修正されたら、その確認作業を実施。以上の手順を繰り返しながらすべてのテストが完了し、バグがなくなった段階でテストが終了します。
サービステストセンターでは、Test Manager、Test Controller、Senior Tester、Junior Tester、Test Operatorと役割が分かれています。全体のテスト計画は Test Manager が立案し、 Test Controller 以下のメンバーでテスト計画に基づきテストプロセスを進行しています。
サービステストセンターのビジョンは、“最高の状態でサービスをユーザーに届けるために、LINEの新しい品質保証(LINE Quality)の形を作る”です。現在サービステストセンターで担っているテスト業務量はおおよそ650名分。そんな大規模な組織でビジョンを実現するため、前述の役割の再定義も含め2年ほど前から組織の整備に注力してきました。またそれ以外にもテストにおける指標の設定、Test Managerを目指すまでのロードマップや教育体制の構築なども現在進めています。

“最後の砦”として守り抜く

仕事を通してのやりがいや面白みを教えてください

最新技術や時代のトレンドと触れられることが、この仕事の面白みのひとつです。例えば、仮想通貨が世に出ている時に、興味を持って調べていたことが、後に参画した仮想通貨関係のテスト業務で役立ったこともありました。
発展を続けるテクノロジーに対して、興味を持って能動的に学ぶ習慣をつけておけば、テスト業務で役立つことがあるでしょうし、仮に機会がなかったとしても、最新技術をユーザーとして使う時に知識が役に立つことも多く、学ぶことで仕事とプライベートの両方に活きてくるのでメリットは多いと感じます。
また、「テストの上流工程に携わってみたい」という向上心を持っている方や向上心があるのに、現在の環境や状況ではやりたいことがなかなか実現できずに悩んでいる方がたくさんいるはずです。LINE Fukuokaには、チャレンジを後押しする環境があります。自分の実力を試してみたい方にとって、絶好のフィールドだと思います。

今後の展望を教えてください

大規模なLINEのサービス開発のプロセスの中では、テスト業務がとても重要になります。テスト業務に特化した組織として、開発者視点だけではなく、フラットなユーザー視点からもテストをおこなうことができるのが私たちの強みです。
テストの工程を通じて品質をより良くするためには、気がかりなことを確実にフィードバックすることが求められます。私たちは、高品質なサービスをリリースし、ユーザーの元に届けるための “最後の砦”として誇りを持って仕事に打ち込みたいですし、同時に、テスト業務やテスト業務に携わるメンバーの価値をもっと高めていきたいと思っています。
また、現在はビジョンに則って仮説を立て、新しい品質保証のスタイルを作ろうとしている最中です。我々の行っているテストの価値を示せるよう、これからも真摯に取り組んでいきたいです。