社員インタビュー

運営

LINEのブランドを守り届ける責任

Review&Sales室では、LINEサービスの審査と営業をおこなっており、サービスの普及や品質管理を担っています。今回は、Review&Sales室を統括する冨髙 智郷にこれまでのキャリアや、業務内容、今後の展望について聞きました。

キャリアチェンジのきっかけは上司の印象的な言葉

これまでのキャリアと入社のきっかけを教えてください

父親の影響で建築の専門学校を卒業後、厨房のレイアウトや設備の提案をおこなう設計会社へ入社。その後、大手自動車メーカーに転職し、産業機械の設計をしていました。設計の仕事を離れたきっかけは、上司の言葉でした。退職直前に、君は営業の仕事が向いている。若いうちに目上の人とコミュニケーションが取れないと社会人として生きていけない。と言われたことが心に残っており、経営者の方がお客様となる機会の多い完全歩合制の営業会社へ転職を決めました。当時は大変でしたが、振り返ると、尊敬する先輩との出会いや、結果を求め、合理的に進めることの大切さ、あきらめない心など得たものは多かったです。次の仕事は、漠然とIT業界に就きたいと考えていた頃、「未経験歓迎、福岡センター立ち上げ」という募集に惹かれ、LINE Fukuokaの前身の会社に入社しました。
入社後は、NAVERまとめの運営を担当し、カスタマーケア部門の新規立ち上げや、マネージャーを経験。また、自ら手を挙げ、LINE@(現在のLINE公式アカウント)サービス普及のための企画や、営業もしていました。現在は、LINEサービスの審査と営業を管轄しています。様々な立場や仕事を経験し、キャリアは波乱万丈と言えるのではないでしょうか。しかし、仕事は自分でとってくるというスタンスは一貫していたと思います。

データを読み、再現性のあるプロセスを構築する

業務内容について教えてください。

Review&Sales室では、部署名のとおり、LINEサービスの審査と営業をおこなっています。
まず、審査には、LINE広告、LINE公式アカウント、LINE Creators Marketの3本の柱があります。サービスごとのガイドラインに基づき、ユーザーに不快な思いをさせる表現は無いか等、掲載前に事前確認をしています。審査が有効に機能することで、LINEから発信される広告は安心して購買できるとユーザーに認知していただけます。この安心感が購買の促進につながり、ひいては広告主にとっても有効なチャネルとなるという良い循環が生まれます。この循環を維持することが、私たちの役割であり、LINEのブランドを守ることにつながっていきます。
そのため、審査の現場は日々変化しています。世の中が変われば、ユーザーが良いと思う基準も変わるので、昨日までOKだったものが翌日にはNGになることもあります。その変化を見落とさないため、常にアンテナを高く張り、細かな点に気づくことが必要です。実際に一人の違和感や気づきが審査基準の見直しや、業務フローの改善につながっています。ガイドラインに沿って審査を行うだけではなく、改善や効率化等、業務のアップデートまでおこなうことが、LINE Fukuokaが審査を担う上で期待されていると感じています。

営業では、現在LINE広告と、出前館等のフードデリバリー事業の2つを取り扱っています。いずれも訪問営業ではなく、インサイドセールスという手法で電話やメールでアポイントからクロージングまでを実施をしています。セールスの大目的は、もちろん売上の獲得ですが、さらに私たちは、再現性のある営業プロセスを作ることを目標としています。そのために、データを読み取る力を付け、売上げが上がった理由、上がらなかった理由を客観的に説明できるよう取り組んでいます。それをチームの誰もが実現できる状態が理想です。
これは、営業のみならず、審査も含め共通の目標であり、そのために室では、「KPI MTG」を設けています。そこでは、担当者が今月のKPIの達成状況、理由、根拠となるデータを示し報告会をおこなっています。実際にやってみると、定量的に行動と結果を示し、論理的に説明することは難しく、すぐにできる人は中々いません。しかし、そのような困難な状況下でも途中で逃げ出さず、最後まで考え抜くことが必要と考えています。

未熟だからこそ面白い。大切なのは最後までやり切る力

仕事を通してのやりがいや面白みを教えてください

「LINEのブランドを私が守っている。」という使命感を原動力に仕事ができる人は、楽しい環境だと思います。審査の現場では、判断次第でブランドを傷つけてしまうことも起こりえます。背負うものは大きいですが、家族や、友人、電車で座ったら高い確率で隣の人が利用している、そんなサービスに関わることに、メンバーは責任と同時にやりがいを感じています。
また、LINEの成長に伴い、LINE Fukuokaも会社規模は年々拡大していますが、組織としては、改善できる部分が多く、ルールを自分たちで作れる環境は、面白いと思います。例えば、毎年開催されている社内表彰制度も元々は私たち社員の発案から生まれたものです。Review&Sales室においても同じで、未熟な部分が多いからこそ、アイデアや最後までやり切る力があれば、新しい仕組みを作り、働く環境を自分たちで変えていくこともできます。意見があれば積極的に発信していただきたいですし、チームを良くするための提案は大歓迎です。

今後の展望を教えてください

LINE Fukuokaの中で、先導できる組織になり、他部署から目標とされる仕組みや、成果、人材育成、組織の形を作っていきたいです。指針となるモデルケースに自らなることで、会社全体の価値向上や、人の成長に貢献したいと考えています。具体的な取り組みとして、先述の『KPI MTG』や、毎月Review&Sales室の全メンバーが集まる定例会を実施しています。定例会では、方針の共有、入社メンバーの紹介、成果発表をおこない、時には全員で未来について語り合うこともあります。メンバーや組織の力を引きだすため、新たな仕掛けを日々考えています。
また、Review&Sales室が今後も大切にしなければならないことは、「LINEのユーザーとブランドを傷つけない」「売上をあげ続ける」ことです。これからもメンバーと共に、審査と営業を通じて、ユーザーが安心して利用できるLINEサービスを世界中の人に届けていきたいです。