社員インタビュー

運営

目指すのは“多様な価値がつながる世界”

“金融×コミュニケーションプラットフォーム”の可能性を感じ、2019年に入社した山南 大和。Fintech Operation室の室長として、LINEサービスのインフラともいうべき金融事業を支える山南に仕事の醍醐味、職場の魅力について聞きました。

金融דLINE”の可能性を感じて

これまでのキャリアと入社のきっかけを教えてください

新卒からネット銀行、損害保険、暗号資産取引所と、これまでずっと金融業界を渡り歩いてきました。新卒でネット銀行に入社したきっかけは、大学生のときにその銀行のコールセンターで働いていたことでした。ECサービスの決済手段としてネット銀行がシェアを伸ばし、サービスの広がりを感じてそのまま入社しました。
その後、LINE Fukuokaへ転職を決めたのは“金融×コミュニケーションプラットフォーム”というクロスバリューに可能性を感じたからです。従来型の金融事業を「コミュニケーション」の角度から進化させることができるのはLINEだけであり、この会社なら前例のない金融サービスを実現できるのではないか、と思ったことが入社の決め手になりました。
また、地政学的に福岡を拠点にしていることも魅力であり、入社動機のひとつになりました。グローバル事業とのシナジー観点でアジア諸国と近い位置にあることや、自治体がIT政策に積極的なこと等を考えると、福岡は戦略的にも合理性のある場所です。
こういった環境が土壌にあることで、新しい技術が金融の領域にどんどん流れ込み、優秀な人材も集まってきました。そんな刺激的な環境でイノベーションに関われることが、この業界の、そしてLINE Fukuokaの魅力だと思います。
一方、LINE Fukuokaに入社して印象的だったのが、「みんなでうまくやっていこう」というカルチャーの醸成に成功していることです。
余計なところで個々の価値観をぶつけ合うのではなく、「このプロダクトをどんなふうにするのが最善か」「ユーザーにとって最も望ましい業務の在り方はどのようなものか」といった本質的な議論に目線が向いている人が多い会社です。そのため優先すべき業務にリソースを集中投下することが可能となり、本来やるべきことに取り組むことができるのでとても居心地が良いと感じています。
そんなカルチャーが浸透していることもあって、組織の横のつながりが強いのもLINE Fukuokaの特徴です。たとえば、他部署と連携する際、既存の成功事例があればそれを自部署に応用するためのプロセスを一緒に考えてくれたり、そうやって積極的に協力し合う姿勢が様々なところで自然と生まれている場面をよく見ます。これだけ社員数の多い会社でそういった空気感を維持できるのはあまりないことだと思います。

金融領域の課題と真摯に向き合う

業務内容について教えてください

私が担当しているFintech Operation室では、ユーザーの問い合わせ対応をおこなうCSやLINE Payの加盟店等に関する審査、取引監視をおこなうモニタリング、自動化推進等をおこなう企画と、主に4つの業務をおこなっています。
以前はベーシックな業務が多くを占めており、組織としてまずはコア領域を安定化させることが最優先だったのですが、その後メンバーの能力向上やデータの可視化などが進み、高度な施策を提案する機会も増えてきました。
たとえば、CSの領域では、問い合わせから回答までの時間には徹底的にこだわっています。金融サービスでは何をするにもユーザー自身のお金が絡んできます。困って問い合わせをされるユーザーの中には、手続きができずにお金を動かせない状態の方も多くいます。モノやサービスとは違い、お金の場合は額によっては死活問題ですし、暗号資産のような常に相場が変動するようなサービスでは致命的な機会損失にもなりかねません。そういった理由で基本領域を一定水準に維持することは必須であると考えています。
そのうえで、さらに高度な取り組みとして、ユーザーの問い合わせや利用データの分析から売上を阻害する要因等の潜在課題の仮説を立てて施策を提案し、付加価値を創出するといったことにチャレンジしているメンバーも多くなりました。

組織の魅力について教えてください

どの業務においても、測定可能なものは全て改善できます。
測定できるということは数字で見えるということであり、数字である以上は必ず増減する=良くも悪くもなるということなので、それは改善できるということです。
つまり業務の可視化が進めば、それに比例して改善すべき領域も増えるということになりますが、その状態を楽しめるかどうかがこの仕事の面白さだと思っています。また、LINE Fukuokaには全社横串で指標やデータを可視化する役割を持つ部署があります。様々な部署のコンディションや業務の実態を測定可能な状態にし、具体的な改善プロセスやゴールの在り方を一緒に考えてくれるので、迷うことなく問題解決に向かうことができます。単に業務改善を自分の範囲内で進めるよりも、そうやってチームワークという要素が加わったほうが得られる経験値も倍増しますし、何より面白いに決まっています。今後もこういった協業が生まれやすい環境は大事にしていきたいと考えています。

チャレンジする人に任せるカルチャー

どんな人と一緒に働きたいですか?

最も重要なのは主体性で、高いオーナーシップを発揮できる人材を求めています。
決められた職務で成果を出すにはスキルがあれば十分ですが、未知の課題を捉えることができるのは主体性をもった人だけだと考えています。自分の役割に境界線を作らず、何事にも当事者意識を持って手を挙げる方にはチャンスが多い会社です。
LINE Fukuokaに根付くチャレンジを後押しするカルチャーは、やりたいことがあるのになかなか取り組むことができない環境で、もどかしい思いをしているような方にとっては、やりがいを感じられる環境だと思います。
また、私たちは多様性も重視しており、様々なバックボーンを持ち、得意領域が異なる人材が集まっています。
多様な人材を既存業務の決まった枠組みに当てはめていくのではなく、個性を発揮しやすい役割分担や環境作りを進める必要があると考えています。
そのような環境を作るには相当な労力と熱量が必要であり、一朝一夕でできるようなレベルの話ではありませんが、メンバーが一体となって知恵を出し合い、協力して進めていくことができるような組織にしていきたいです。協力し合って良くしていこう、という考え方をもった人が集まれば、自ずと良い組織に近づいていくと思いますし、そうやって真の多様性が尊重される組織を作っていきたいです。