LINE Fukuoka エンジニア採用

LINE Fukuoka

エンジニア採用

私たちのミッションは、世界中の人と人、人と情報・サービスとの距離を縮めることです

LINEのエンジニアに最も求められるのは、自分のプロジェクトにオーナーシップを持って取り組む姿勢です。
互いへのレビューや議論は、品質の高いコードにも繋がります。そのため、それぞれの業務や関わるプロジェクトの状況、コードや障害レポートなど過去の知見は可能な限り共有しています。
大規模なソフトウェアの品質を保つためには、フィードバックが必要不可欠。信頼と尊重があるからこそ、指摘を受け止め、互いに高め合うことができます。

LINE Fukuoka開発センター

大規模ユーザーベースをもとにLINEアプリやLINEファミリーサービスの開発をおこなっています。
アプリ開発からデータサイエンス、インフラ、SREなど、あらゆる領域の開発に携わり、LINE株式会社とほぼ同等の機能を有しています。
サービス開発に専念するチームと、特定の職能を持つチームが互いに連携して、プロダクトづくりをおこなっています。
コミュニケーション
エンタメ
ライフスタイル
フィンテック
AI
ビジネス
サービス開発に専念するチーム特定の職能を持つ開発チーム
Dev A
Dev B
Dev C
Dev D
Dev E
Dev F
Dev G
Dev H
連携
特定の職能を持つ開発チーム
フロントエンド
Software Engineer
in Test
開発支援
データ分析/機械学習
QA
Developer Relations

エンジニア選考の流れ

エンジニアポジションの選考は、課題選考や、エンジニア社員による面接を経て内定が決まります。選考は全てオンラインで完結します。

Q&A

エンジニア採用についてよくある質問をまとめました。

選考内容について

必要な応募書類について教えてください。
・提出書類の指定フォーマットはございません。これまでのご経歴を簡潔に記載頂き、希望ポジションの募集要項ページよりご応募ください。
・書類は日本語あるいは英語での記載をお願い致します。
課題選考の詳細を教えてください。
・該当ポジションに求められる知識を確認させていただくために実施しています。
・課題テストの内容については、ポジションごとに異なりますが、以下ポジションについてはcoding Testを実施致します。
ポジション名 選択できる言語
iOSエンジニア Swift
Androidエンジニア Kotlin
サーバーサイドエンジニア Java,Kotlin,Perl,Python,Go
フロントエンドエンジニア JavaScript
ソフトウェアエンジニア/モニタリングシステム Java,Kotlin,Perl,Python,Go
Software Engineer in Test Java,JavaScript,Python
Codilityを使用して行います
※参考記事:LINEエンジニアのコーディングテストについて
面接の形式や選考官について教えてください。
・国内外問わず、オンラインにて2~3回の面接を実施致します。
・面接は、原則開発組織のエンジニアが担当します。
・ご希望や面接官により、日本語・英語の通訳を介しての面接を行う場合もあります。
・以下ポジションについては、一次面接の際30分のオンラインテストを実施の上、テスト内容を元に面接を行います。
iOSエンジニア/Androidエンジニア/サーバーサイドエンジニア/ソフトウェアエンジニア(SRE)/ソフトウェアエンジニア/モニタリングシステム
新卒採用は実施していますか?
LINE株式会社とLINE Fukuoka株式会社の合同募集を行っており、選考の中で希望勤務地をヒアリングさせて頂きます。
https://linecorp.com/ja/career/newgrads/engineering/(2023年新卒)
インターンシップについて教えてください。
LINE株式会社と合同で募集している短期インターン(6週間)と、LINE Fukuoka独自で開催している長期インターン(3か月~)がございます。エンジニアの業務やLINEグループへの理解を深めて頂くために実施しており、新卒採用の応募に当たり必須ではございません。
※短期インターンは、ご自宅からオンラインにてご参加いただけます。
長期インターンについても、原則ご自宅からの参加が可能ですが、就業開始日にはオフィスにご来社いただく必要がございます。

応募資格について

過去に選考を受けたのですが、再びエントリーすることは可能ですか?
はい、問題ありません。LINE Fukuokaでは、過去にご応募経験があっても1年以上経過した方であれば、再度のご応募が可能な「Re-Challenge制度」を設けています。本制度による再応募を経て入社した方も在籍しています。ぜひ対象となる方はご応募をご検討ください。
どの職種を受けるか迷っている場合など、複数の職種に同時にエントリーすることは可能ですか?また、LINE株式会社との同時応募は可能ですか。
はい、問題ありません。同時に複数のポジションにエントリーいただいた場合、優先順位を確認して優先度の高いポジションから選考を進めさせていただきます。お悩みの場合は、応募フォームの備考欄に人事へ相談希望の旨をご記載ください。
英語などの語学力はどのくらい求められますか?
応募ポジションや配属組織・担当プロジェクト等により異なります。詳細は各募集要項にある「応募資格」をご確認ください。多言語対応した翻訳botなどのツール類や、社内の専門通訳・翻訳部門など、語学が堪能でない方へのサポートも充実しています。また、英語・日本語の語学講座も設けており、語学スキルを向上させて業務に活かしていただくことも可能です。

働き方・環境について

入社前のリロケーションサポートはありますか?
オフィスの250km圏外から通勤圏内に引っ越す方を対象に、UIターン支援金をお支払いしています。また提携不動産代理店の紹介も行っています。
入社後、他部署への異動は可能ですか?
LINE Fukuokaでは、勤続1年が経過した社員を対象に社内公募制度を設けています。
社内で公開される募集ポジションへご応募をいただくことが可能であり、部署による選考を合格後オファーを本人が承諾した場合異動となります。なお、選考過程やその合否判断に現所属上長は関与しません(合格後、公募先からのオファーを承諾した場合のみ上長に情報が開示されます)。
副業は可能ですか?
上長や関連部門の事前承認の上、副業していただくこともできます。ただし、業務に支障をきたさないこと、会社の名前や財産などを使用しないこと、会社固有の技術やノウハウの漏洩をしないことなどのルールを守っていただくことが前提となります。
勤務時間について教えてください。
専門業務型裁量労働制(※1)/フレックスタイム制度(※2)のいずれかが適用となります。
※1
所定労働日に勤務した場合は、1日の労働時間に関わらず1日9時間24分(所定労働時間8時間+月間のみなし時間外労働の日割りを加算)労働したものとみなします。
※2
定められた月間の所定労働時間(8時間×労働日数)の枠内であれば、始業及び終業の時刻を自由に選択頂けます。
但し、コアタイム(11:00~16:00)については勤務が必須となります。
リモートワークは可能ですか?
LINE Fukuokaでは、2021年10月よりLINE Hybrid Working Styleを導入しました。
現状、開発センターでは多くの社員が日常的に在宅勤務を取り入れていますが、担当プロジェクトで取り扱うセキュリティレベルや、会社からの要請に応じて出社が必要な場合がございます。遠方より勤務する場合も、出社要請が発生した場合に対応できるよう、当日11:00までにオフィスに出社できる距離に居住いただく必要がありますのでご留意ください。また、入社オリエンテーションにご参加いただくため、入社初日は出社が必須となります。
PC(デバイス)環境について教えてください。
標準装備としてMacBook Proを貸与しております(ご要望があればWindows搭載パソコンへのご変更も可能です)。また、iMacやモニター、マウスなど、ご希望に応じたオプションを選択・利用いただくことが可能です。
社内のコミュニケーションツールは何を使っていますか。
LINE WORKS・Slack・メールなどのツールを使用しています。

福利厚生・制度について

賞与(インセンティブ)について教えてください。
高い成果・貢献があった場合にのみインセンティブ(賞与)が支給されます。
年に2回レビューを実施する際に、昇格・昇給と併せて検討しています。

その他について

外国籍社員の比率はどのくらいですか
開発センターでは57.5%が外国籍社員(LINE Fukuoka全体では10%)で、韓国、台湾、 タイ、インドネシアなどのアジア圏をはじめ、 アメリカ、ペルー、イギリス、フランス、オランダ、 オーストラリアなど24ヶ国から社員が集まっています。語学研修支援など安心して働ける環境も整っています。
LINE Fukuoka社員データ

関連リンク