社員インタビュー

開発

個性を持ったメンバーが、チームをさらに強くする

LINE Fukuoka 開発室は100名規模になり、世界中から多様なバックラウンドを持つエンジニアが在籍しています。サーバサイドをはじめ、フロントエンド、モバイルアプリ、機械学習、インフラ開発、データサイエンティストなど多くの役割を持つチーム・組織が拡大しています。
今回はUIT室 室長の平山 光太郎に、インタビューを通してフロントエンドエンジニアとしてのやりがいや、今後の目標について聞きました。

Quality of life for Engineer

これまでのキャリアを教えてください

前職ではアプリケーション開発で、特にUI構築を担当していました。成長中のスタートアップ企業のため、その中で採用や組織づくりにも関わる経験も得られました。

LINEで働きたいと思ったきっかけは何ですか?

直接のきっかけは、東京で行われたLINE Fukuokaの採用イベントに参加したことです。私は九州出身で、就職を機に東京で生活していました。いずれ九州で働けたらと思っていましたが、その当時はエンジニアとして福岡で働くという選択肢があまり多くなかったため、現実的には考えていませんでした。しかし、イベントに参加し、福岡にいながらもキャリアをスケールダウンせずに向き合えるという環境や、仕事や働き方に対して誠実で実直なエンジニアが多い点を魅力に感じ、転職を決意しました。

福岡で過ごしてみて何か変化はありましたか?

福岡に移り、感じたことは自分でコントロールできる要素が増えたことです。時間はもちろん、金銭面や心理的な面で、自身でコントロールできることが多く、生活に余裕ができたと感じています。福岡はコンパクトシティと言われるように暮らしやすさはもちろん、行政の後押しもあり、開発拠点も増加しています。それに伴い、福岡のエンジニアコミュニティも成熟してきており、エンジニアにとっても年々魅力的な都市になっていると感じています。

大規模なサービスを扱う難しさとやりがい

UIT室の業務内容を教えてください

LINEアプリ内の機能や、LINEファミリーサービスのフロントエンド領域を担っており、具体的には、LINEスタンプ、LINE着せかえ、LINE Creators Market、LINE証券等を扱っています。技術的にはTypeScript、React、Vue.js等を採用することが多いですが、技術選定はエンジニアリングメンバーに委ねられており、各プロジェクト単位で決定をしています。
多様なLINEサービスに関わるため、プロジェクトごとに見える側面が変わるところに面白さや、やりがいを感じています。例えば、ユーザーの規模、提供している国の数、コードベースのサイズ、それに伴うチームや関係者の数などにおいて、似た環境に出会うことは少なく、1つ1つにアプローチを変える煩わしさや難しさもあります。その一方で、この規模だからこそ実現できるプロダクトの力強さや影響力は想像より大きく、苦労の分、新しい機能や少しの改善でも、サービスに反映できた時には、価値があることができたと達成感があります。

個々の強みを活かす多様な環境

開発室はどのような雰囲気ですか?

社内でも伸びやかな部署と認識されていると思います。サービスごとのプロジェクト単位で動くことが多いですが、黙々とやるチームもあれば、活発に話し合うチームもあり、多様なチーム環境があります。
中でもLINE Fukuokaの開発組織は、外国籍のメンバーが7割近くを占める、国内でも珍しい環境です。フロントエンド組織で言うと、現在13名中、外国籍メンバーが11名在籍しています。
そのため、開発者間のやりとりやミーティングは、基本的に英語で進めることが多いですが、フォロー体制もあるため、まずは怖がらずにチャレンジしていただきたいです。入社後は、語学支援として社内の講師によるレッスンやオンライン英会話、異文化理解のセミナーなどを受けることもできます。業務や、研修を通じて学習を続けていただくことで、語学スキルも向上させられると思います。
また、外国籍のメンバーも、日本で働くモチベーションがあると同時に、日本語を学びたいメンバーも多くいます。会社では日本語学習の場を提供しているため、日本語、英語を交えながらお互いにコミュニケーションを取ろうと歩み寄る姿勢を持ち、信頼関係を築いています。

UIT室の今後の目標を教えてください

福岡のフロントエンド組織として発足以降、メンバーの増員等組織の成長もあり、規模の大きいプロジェクトを進める力がついてきました。LINEスタンプやLINE Creators Marketのようなコア事業を取り扱うこともあれば、LINE証券のようなチャレンジもできるようになりましたし、様々なプロジェクト経験を通じ、チームのプレゼンスも高まっていると感じます。今後も貪欲に、良いメンバーと共に組織の規模拡大を進め、チャレンジングなプロジェクトができる組織になっていきたいです。

どんなメンバーと働きたいですか?

成熟した組織を目指すうえで、チームをリードしてくれる経験や技術を持った方に来ていただきたいです。例えば、新規開発のみならず、リファクタリングへの絶対的な自信や、新しい技術を上手くプロダクションに導入する洞察力を持った方等、LINEサービスの中には長く稼働しているものあり、経験を十分に活かしていただけるフィールドがあると思います。様々な強みを持ったメンバーが集まり、新たなアイデアが生まれる姿を想像すると、とてもワクワクします。何か一つでも「これは任せろ!」とご自身に強みがある方と、ぜひ一緒に働きたいです。

LINE Engineering Blog

詳細をみる >

LINE Engineering Blog

詳細をみる >