社員インタビュー

開発

チームでなら、想像を超える成果に手が届く

クライアントエンジニアとしてiOSアプリの機能開発に携わる高田 新山。挑戦を後押しするカルチャーがあるLINE Fukuokaで成功体験を重ねてきた高田に、これまでのキャリアや仕事の魅力について聞きました。

エンジニアとしての新しい学びを求めて入社

これまでのキャリアと入社のきっかけを教えてください

私のキャリアのスタートは、製薬企業の営業担当でした。3年間務めたあと、エンジニアになろうと思い立ち、無料でプログラミングを教えてくれるサービスを使って勉強を始めました。そのサービスの運営会社に腕を買われ、そのまま入社してエンジニアとしてのキャリアがスタートしました。
その後、ベンチャー企業等を経験し、2020年にLINE Fukuokaに入社しました。前職では、エンジニアが1〜2名、取り扱う案件も非常にミニマムな新規案件ばかりで「これまでと違う環境に身を置きたい」という思いから、規模が大きく、ひとつのサービスに長期的に携わることができる企業を探していました。
LINE Fukuokaが東京で開催していたオフラインイベントに参加したことがきっかけで採用面接に進むことになり、規模の大きいアプリ開発に関われること、開発に携わる人数が桁違いであり、多くの関係者と合意を取って進めていく作業のプロセスに興味を惹かれ、入社に至りました。抱えているユーザー数も膨大で、この会社であれば、経験したことのない新たな挑戦ができるだろうと感じました。

大規模なプロダクトに関わる難しさ

業務内容について教えてください

クライアントエンジニアとして、iOSのためのアプリケーション開発をおこなっています。
主に手掛けているのは、コミュニケーションアプリ“LINE”の機能開発。中でも、スタンプと絵文字の送信や購入に関する機能に携わっています。直近では、ユーザーが自分でLINEスタンプを作れるアプリ“LINEスタンプメーカー”も手掛けています。スタンプ機能の開発に携わっているiOSエンジニアは、私を含めて6人ほど。多様な経験を積んだ優秀なエンジニアに囲まれ、日々刺激を受けています。
サービス開発においては、コーディングだけでなく、プランナーの提案に対し、実現性や改善点等について意見を出す場面もあります。業務範疇にとらわれず、ユーザーの視点に立つことを意識しながらプロジェクトを進めています。
また、リモート勤務が基本なので、メンバーとは毎日チャット上でコミュニケーションしています。Android開発チームとも毎週勉強会を開催し、プログラミング言語の新機能など、さまざまな技術情報の共有を意識的におこなっています。

仕事を通してのやりがいや面白みを教えてください

大規模プロダクトに携わる上では、すごく軽微な変更だったとしても、計画していることが全体にどのような影響を与えうるのかを精査して行動に移すことを大切にしています。
実は入社して間もないころ、ささいな変更から大きな問題が発生したことがありました。メンバー間で開発の方向性を確認し合い、事前レビューをおこなった上で実装を進めていましたが、合意形成が不十分であったところがトラブルへと発展しました。
大規模なプロダクトの場合問題が発生すると、自分だけでなく関係者の仕事も増やしてしまいます。どちらにせよ周囲を巻き込むことになるのであれば、後始末よりも、準備に時間をかけたほうがいい。それを教訓とし、あらゆる条件下での見通しを立ててから作業を進めることをより強く意識するようにしています。
メンバーの合意を得て、チームが同じ方向を向いて進んでいくためには、それなりの根拠が求められます。説得力のあるロジックを組み立てる必要がありますが、その過程で自分自身の理解が深まっていくことは、チームで働く醍醐味の一つだと思っています。また、メンバーからもいろいろな意見をもらうたびに、思いもしなかった新しい発見や視点を得ることができます。メンバーの知見が集約され、自分ひとりでは手が届かなかった成果を上げられるのも、もう一つの魅力だと感じています。
入社してからこれまでを振り返って、自分がチームに貢献できたと思うのは、コードの構造をビジュアル化し、チームのコードの全体像を明確にしたことです。規模が大きいが故に、全体像を把握できているメンバーがいませんでした。「この状態では、コードの改善を適切におこなうことができない」と思って提案をしました。構造が明確になったおかげで、コードの課題が把握しやすくなり、具体的な改善案が出てきやすくなったことを実感しています。入社後早い段階で、全体に向けた改善提案をできたのは、社員の自発性に任せて様々な挑戦を後押ししてくれる当社のカルチャーがあったからだと思います。

活躍のキーは、自主性。

どんな人と一緒に働きたいですか?

自発的に挑戦できる環境があるということの裏を返せば、いつも上から指示が下りてくるわけではないということです。LINE Fukuokaで働く人には、自ら課題を発見し、解決策を積極的に提案していく姿勢が求められます。逆にいうと、自主性さえあれば、わからないことがあっても、メンバー同士で助け合って解決していくことができます。知識や経験は後からいくらでもついてくるものです。
チーム内はもちろん、チームの垣根を超えて気軽に連携が取れるのも、組織の特徴です。私はコロナ禍となった直後に入社したため、メンバーとのやりとりのほとんどがオンラインでのコミュニケーションでした。ところが、チャット上でいろいろな人が気さくに声を掛けてくれて、すぐに打ち解けることができました。人見知りなのですが、気軽に話しかけてもらえたことで、すんなり職場に馴染めまし、仕事をする上でもプラスになったと感じます。

今後の目標について教えてください

最近は社内にとどまらず、東京や韓国、ベトナムなど、様々な拠点のメンバーとも連携し、LINEアプリ全体に関わる仕事に携わる機会が増えてきました。将来的には、現在主に担当しているスタンプ機能に限らず、LINEのiOSアプリ全体の改善にも、技術的に貢献していきたいと思っています。

募集職種

iOSエンジニア

LINE Engineering Blog

詳細をみる >

LINE Engineering Blog

詳細をみる >